スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IFシチュエーションバトン

(※ひとつ下の記事「2Pカラーバトン」にハルヴィエの絵も追加しました。)

そういや現在アビスをプレイしてます。テイルズ。弟が買ってきた。ゲーム久々!
アブソーブゲートでヴァン倒して、んっと今どこだっけ?
一万人の命で瘴気が中和できるかもだけどそんなアホなことは忘れなさいよ的なところ。
2周目はプレイしないつもりです。アクゼリュスのくだりを見たくないので!(笑)
あのへんは悲惨すぎてムリ。シリアスなのはまあ好きですがジメジメウジウジはちょっとね!
期間限定イベント類いっぱい逃してるけど(つД`)
ミュウが可愛い…健気。癒し。特にあのへん!皆が怖かったとき!
戦闘メンバーはジェイド・ルーク・ガイ・ティアです。ジェイド操作。
ほんとイイ性格してんな大佐!リアルにいたらちょっとアレだけど2次元だから好きだ!
ガイも地味に好き。ナイスガイ!なんていい奴!
ヴァン倒しに行ったとき「ウワァァ出たよパイプオルガン野郎!」と思いました
クリアする気力あるかなあ、微妙だなあ

最近バトンにモリモリ答えています。とても楽しいです。とても!
しぇのたんからいただきました「シチュエーションバトン」を続きに収納☆
色々なシチュエーションでの会話ちょっとだけ考えてみた。
「IFシチュエーションバトン」
まずは質問文を見ずに、キャラクターを5人列挙して下さい。
ジャンルは問いませんが、同じ作品内のキャラクターの方が良いでしょう。
彼らにそれぞれのシチュエーションを味わって頂きます。
彼らのやりとりを自由に想像して、一言どうぞ。


1:ダリュ
2:ロシュ
3:ハルヴィエ
4:セレ
5:アルザ

◆世界を救う勇者【ダリュ】と、一緒に旅をする魔法使いの【アルザ】。
(宿屋にて)
ダ「いい加減に起きろ。魔王を倒しに行く日だろ!」
ア「……んー…今日は…天気悪…し……」
ダ「安心しろ。太陽が輝いてるぞ。いいから起きろ!!」
ア「……あー……やっぱ…やめ…る……めんど…さい……」
ダ「は!?…おい、また寝るな!!!」
勇者がダリュじゃあ…まあ、ほら、ねえ?(酷)戦闘バランス的には悪くない。

◆違う下駄箱にラブレターを入れてしまう【ロシュ】と、入れられて勘違いする【ハルヴィエ】。
(学校の昇降口にて)
ハ「あら、何これ?ラブレター?またどうせあいつからよね。やーねえ、もう!」
(ラブレターをゴミ箱にポイ。そわそわしながらロシュが通りかかる)
ロ「あの手紙はもう読んで頂けたのでしょうか…。緊張しますね~」
(手紙 in ゴミ箱 を発見)
ロ「…これは…!!…………そうですか。分かりました…潔く、諦めます…」
哀れな。ハルヴィエはいつものごとくダリュからの手紙と思ってる。

◆電車で痴漢に遭う【ハルヴィエ】と、痴漢を撃退し助ける【ロシュ】。
ハ「…!」(痴漢に気づいた)
ロ「…!ちょ、ちょっとそこの人――…!」(同じく気づいて注意しようとする)
ハ「どこ触ってんのよこの変態!!!!」
(※ゴッ!とかガッ!とかドゴッ!とかいう音が響く)
ロ「あ、あの…もうその辺で止めてあげてくださ…ぃ…(小声)
相当な強者じゃないとハルヴィエに痴漢は無理。

◆キュートなメイド服をまとった【セレ】にご奉仕される【ダリュ】。
(借金のカタにメイド喫茶に売られたセレ とかなんかそういう設定で) (←投げやり
セ「……お、お帰りなさいませ……ご主人様?」(棒読み)
ダ「お……おう。」(ありえないメイドに一瞬固まる)
すいません無理でした。

◆バーチャルアイドル【アルザ】と、その創造主【セレ】。
ア「や、みんな元気?」(テンション高めで)
セ「…ああ、元気だ…」(若干頬を緩めつつ律儀に答える)
セレは一度命を吹き込んだアルザをしっかり愛してそう。微笑ましいが痛い。

◆小さな旅館を切り盛りする看板娘(息子)の【ダリュ】と、それを潰そうとする地上げ屋の【ロシュ】。
ロ「困りましたねえ…今月中にここを立ち退いていただきたいのですが」
ダ「代々守ってきた店だ、絶対に潰させねえ!!」
ロ「そうですか。それならこちらにも考えがありますよ…」(微笑)
ロシュが怖い人になる。

◆世界を股にかける大盗賊の【ロシュ】と、それを追う国際警察【セレ】。
ロ「私に盗めないものはありません。今回もこの王冠、いただいていきます!」
セ「そうはさせん!…奴を捕らえろ!」(特殊部隊を指揮)
セレは元が軍隊長なのでうまいことリーダーシップ発揮しそう。
でもきっと頭脳戦でなくガチバトルで。ロシュは怪盗紳士な感じ?


◆暗黒社会を生き抜いてきたギャング【ハルヴィエ】と、天使の歌声を持ち人を癒す【ダリュ】。
ハ「殺伐としたこの世界で…信じられるのは自分の力のみよ」
ダ「いや、世界はもっと温かいものだぞ…。俺の歌を聞いてくれ
天使の歌声のダリュって。(爆笑)

◆落ちこぼれ教師の【セレ】と、教師に思いを寄せる優等生【アルザ】。
ア「先生、また校長にイジメられたんだ?もうちょっとしゃきっとしないとダメだよ?」
セ「…いや…何でもないんだ…すまんな、もう教室に戻れ」
ア「先生…。何かあったら相談していいから。僕はいつだって先生の味方なんだから」
セ「…フッ…馬鹿を言え…」(アルザの頭わしゃわしゃっと撫でる)
あ。アリかもしれない。と思ってしまった私^^^^

◆世界を喰らう魔王【アルザ】と、世界救済のため生贄にされた【ハルヴィエ】。
ア「これが生贄?ずいぶんピンピンしてるね」
ハ「まあね。元気よ!」
ア「えーと…特技とかは?何か面白いことできないわけ?」
ハ「面白いこと~?んー、格闘ごっこならできるかもしれないけど」
ア「あー…そう。じゃとりあえず話し相手ってことで」
超元気な生贄とやる気の感じられない魔王。というかこの2人が敵対するところを想像できない。

◆バトンはどうする?
アンカー!

Profile
ZARI (ザリ)
好きなものは
創作、お絵描き、話書き。

超スローペースに
楽しんでます。
1月30日生まれ。

お子様拝借リスト
 ⇒募集記事
Category
Archives
Link
 このブログをリンクに追加
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。